キャッシング審査での年齢の重要性とは

with コメントはまだありません

キャッシングの審査では申込者に安定した収入があって十分な返済能力があるかどうかをチェックされます。

様々な属性項目について審査されますが、まず年齢については20歳以上69歳以下が条件となります。審査では意外と若い人の方が評価が高くなります。

キャッシング会社のメインターゲットは20代~30代の独身者です。社会的には既婚者の方が信用度が高いイメージがあります。でも既婚者は子育てや教育費などにお金がかかります。独身者の方が可処分所得が多い分、評価ポイントも高くなるのです。

40代以上ともなると住宅ローンを抱えたりして益々可処分所得が少なくなるので、審査に不利になるのです。20代なら年収の低いアルバイトの人でも比較的審査に通りやすい傾向があるわけです。

ちなみに若いといっても20歳未満の未成年の場合は、高校卒業後に就職して正社員として収入があってもキャッシングの利用はできません。未成年でも結婚していれば法律上は成人とみなされます。

でもこの場合でもキャッシング審査には通りません。
キャッシング審査では年齢は意外と重要な項目だといえるのです。

Leave a Reply